太陽光発電の基礎知識や導入に向けての情報サイト

太陽光発電の必要性

いま、太陽光発電が必要とされていますが、その理由は多々あります。

  • 化石燃料の枯渇問題
  • 地球温暖化対策(温室効果ガスの削減)
  • 膨大な太陽エネルギーの有効活用
  • 導入コストの低減と支援策

こういった問題などが重なり、その解決手段や活用方法の1つとして太陽光発電は重要視されています。具体的には下記に説明します。

化石燃料は残りわずか。

日本に限らず、世界的に言えることですが、人間は石油や天然ガスなどをエネルギー源として大量に使用してきました。太陽のエネルギーにより約2億年かかって蓄えられた、この化石燃料を今後100年~200年で使い切ろうとしています。石油は約40年、天然ガスは約60年で枯渇するといわれています。

化石燃料比較

深刻化する地球温暖化

地球温暖化の原因である温室効果ガス。これは化石燃料使用による排出ガスが原因のひとつです。
このまま温室効果ガスが増え続けると、地球の平均気温は100年の間に2.4℃~6.4℃上昇し、海面水位は9~ 88cm上昇が予測され、さまざまな問題が発生します。

問題は燃料の枯渇のみらず、化石燃料を燃やすことによって生じる二酸化炭素や硫黄酸化物の増加による地球環境の危機にまで広がっています。今後は化石エネルギーの使用をできるだけ抑え、太陽光発電など自然エネルギー(再生可能エネルギー)を活用することが重要と言えます。

太陽光エネルギーは無限

化石燃料の枯渇、地球温暖化、温室効果ガスなど地球環境にダメージを与える問題が多々あります。こういった問題を解決するために、再生可能エネルギーである太陽光発電が注目されています。

エネルギー比較

太陽の光エネルギーは、クリーンで無尽蔵であり、枯渇の心配がないエネルギーです。クリーンエネルギーには、風力、地熱、水力などありますが、その中でも太陽エネルギーは膨大なエネルギーをもっていて、地球に到達する太陽エネルギーは大気や雲で反射されたりしながらも、地球の表面には約85PW(ペタワット=10の15乗ワット)ものエネルギーが届きます。例えばゴビ砂漠に現在市販されている太陽電池を敷き詰めれば、全人類のエネルギー需要量に匹敵する発電量が得られる計算になります。

つまり、太陽光発電は、現在の技術でも利用でき、温暖化を最小限に抑え、個人でも環境対策に貢献でき、なおかつ全世界の電力需要にも将来にわたり応えられる、頼れるエネルギー源だということです。

太陽光発電は必要か?

現在の地球環境において、さまざまな自然エネルギーが注目されていますが、日本においては太陽光発電が特に注目され、化石燃料の枯渇問題、温暖化対策などの解決への切り札とも言われています。

こういった環境問題に効果が高いのは理解できるのですが、「じゃあ、早速、太陽光発電を導入しよう!」というわけにはいきませんよね。太陽光発電システムは高価であり、個人としては簡単に導入することは難しいと思います。一番の問題は200万から300万ほど必要な導入費用といったところでしょうか。

しかし、太陽光発電の導入に向け、国からの支援策が検討されています。

福田首相が提唱した「福田ビジョン」では、低炭素社会への転換のための主要な方策の一つとして『太陽光発電世界一の座を奪還するため、導入量を2020年までに現状の10倍、2030年には40倍に引き上げることを目標として掲げたい』との方針が示されています。

また、福田ビジョンに合わせるように経産省は、2008年6月24日の総合資源エネルギー調査会の新エネルギー部会で、補助金を導入するなどして、太陽光発電システムを設置する費用を3~5 年で半額程度に抑えることなどを盛り込んだ緊急提言案をまとめています。

つまり、個人レベルでもできる太陽光発電導入を国として支援することで、低炭素社会への転換、「Cool Earth 50」達成へとつなげていこうと言うことです。

こういった補助金制度が再開されれば、太陽光発電導入コストも抑えられるため導入しやすくなります。つまり太陽光発電は地球にも家庭にもやさしい自然エネルギーとなります。


スポンサードリンク
太陽光発電

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。