太陽光発電の基礎知識や導入に向けての情報サイト

太陽光発電、設置までの流れ

最近、注目されている太陽光発電。導入・設置を検討されている方も多いのではないでしょうか?
私もその1人です。

太陽光発電は、いろいろなシステム構成や価格、設置業者と多くの選択肢があり、最適な設置をしようと考えると悩む部分も多々あります。
このページでは、そういった太陽光発電の設置に向けての、何をどうすれば良いのか、どういった検討を行えばよいのか、どこに設置工事を依頼すればよいか、など、設置までの一般的な流れとしてまとめました。

設置までの一般的な流れ

情報収集

カタログ

太陽光発電を設置してみようかな?と考え始めた場合、まずは太陽光発電に関する一般的な知識を身につけておきたいところです。こういった知識や情報は、太陽光発電導入に向け設置業者さんとの打ち合わせや相談、見積もりなどをスムーズに進める上で役立ちます。

詳しくは、太陽光発電の情報収集


検討・計画

情報収集を行い、太陽光発電に関する一般的な知識が身についてきたら、次は「太陽光発電の導入によるメリットはあるのか?」、「できるだけ安く良い製品(太陽光発電)はないか?」など、自分の太陽光発電導入目的にあった検討を行います。

詳しくは、太陽光発電の検討・計画


相談・見積り

見積書

太陽光発電導入を検討・計画したあとは、次は実際に太陽光発電を設置してもらえる業者や販売店に相談や見積もりを依頼してみましょう。相談することで、設置予定地の現状をもとにシミュレーションしたり、問題点を発見できます。

詳しくは、相談・見積り


契約(プラン決め)

契約

太陽光発電を検討し、導入することを決定した場合は、設置業者と詳細を検討してプラン決定をしていきます。


補助金申請・支援策活用

残念ながら、国の補助制度は2005年に終了しましたが、太陽光発電システムの設置には、地方自治体による支援(助成、融資)など、さまざまな支援策が用意されています。

詳しくは、助成金などの支援策を活用


設置

太陽光発電システムを設置するための工事を行います。
工事には大きく分けると太陽電池モジュールなどの機器を取り付ける機器設置工事と取り付けた機器の電気配線を行う電気配線工事があります。

詳しくは、チェックポイントstep3設置


連係

余った電力を電力会社へ売り、不足した電力を電力会社から買えるよう、電力会社と「電力受給契約」を行います。
設置業者の立ち会いのもと、太陽光発電システムが正常に運転しているか確認します(連系立会い)。

詳しくは、電力会社との系統連係


運転開始

発電モニター

電力会社との契約が終わり、太陽光発電の運転を開始すると、自宅が発電所になります。発電モニタで我が家の太陽光発電所がどれぐらい発電しているのか見ることができます。

詳しくは、太陽光発電の運転開始


おおまかな流れは以上のようになりますが、設置環境や太陽光発電の種類によっては、若干異なる場合もあります。


スポンサードリンク
太陽光発電

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。