太陽光発電の基礎知識や導入に向けての情報サイト

シャープvs京セラの見積りバトル

京セラで決まりか!?シャープの対応

太陽光パネル

前回、京セラから見積もりを出してもらった結果、エコノツール5.49KWで見積り価格305万円(税込み){55.5万円/KW}基礎工事費用を含むと355万円という驚くほど安くなりました。

その見積もりからシャープではここまで安くすることは無理だろうと考え、「京セラで決まりかな」と心は決まっていました。しかし、今までいろいろと親身になって対応してくれたシャープ代理店のY氏に対し、「京セラが驚くほど安くしてくれたので、もう京セラと契約しました。」なんて失礼な対応はできません。

なので、京セラの見積もり結果を正直に話し、お断りの電話をシャープ代理店Y氏にしました。

その結果...

Y氏:「うちも京セラさんに負けられませんので、基礎工事込みで330万円でどうでしょうか。」

なんと!京セラより更に25万円も安く設置してくれるとのこと。

安くなったのは嬉しいのですが、最初の見積もりは何だったの?って感じですよね。

ちなみに8月に出してもらったシャープ5.51kwの見積もり金額は360万円です。この価格には基礎工事費用は含まれていませんので、基礎工事費用を含めた総工事費用は420万円ほどになります。その差90万円です。

京セラの見積もり努力がなければかなり余分な支払いが増えるところでした。相見積もりはかなり重要です!!!

話しが若干それてしまいましたが、今度は京セラより25万円安くしてくれたシャープが、すぐに契約して欲しいと言いだしました。う~ん...。どの業者さんも同じで、これ以上の値下げは厳しく、お客を獲られたくないのでしょう。

私:「それはできません。京セラさんにも同様に即契約はせず、見積もり結果を報告します。それからどちらにするか考えて結果を出そうと思っていますので。」

Y氏:「そうですか、どうかよろしくお願いします。」

う~ん…悩みますね~。どちらのメーカーもかなりお安くなりました。

[note]

京セラの出した見積もり価格:355万円(5.49kw)

シャープの再見積もり価格: 330万円(5.51kw)

[/note]

価格差25万円。この価格差を「両社のシステム性能」、「アフターフォロー」、「施工工事」、「設置費用」から考えるとまだ京セラの方が魅力的に思えます。

各社の発電シミュレーション結果

各メーカーの太陽光パネル

各社1KW当たり年間発電予測(東京)をメーカーホームページの発電シミュレーションで調べた結果、以下のようになりました。

そのメーカーのシミュレーションソフトにより多少のバラつきはあると思いますが、そう大きくは変わらないと思います。

発電性能は予想通りというか、価格なりの性能といった結果となっていますね。

まとめ

思いのほか安くなった京セラの見積りに刺激されたのか、シャープもさらに安い価格を提示してきました。

個人的な考えになりますが、「パワコン、発電モニター、太陽電池(パネル)、施工工事」といった項目は京セラに軍配が上がり、「価格、営業対応」はシャープに軍配が上がると感じています。

はたして25万円の差額でも京セラを選ぶべきなのか、価格の安さでシャープを選ぶべきなのか、かなり悩みます。

とりあえずは、今回のシャープの対応を京セラFCに話し、京セラFCの対応結果でどちらにするか決めようと考えています。

スポンサードリンク
太陽光発電

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。