2010年、気になるサニックス

太陽光発電事業にぞくぞく参入

サニックスの発電モニター

2009年11月より固定価格買取制度がはじまり、これに合わせるかのように太陽光発電事業の新規参入メーカーも増えてきました。

いろいろな企業が太陽光発電事業に参入していますが、最近、特に気になる太陽光発電メーカーは「サニックス」と「東芝」です。

サニックスはかなり安く販売しているようですし、東芝はサンヨー製と同レベルかそれ以上の発電能力があるという話を聞きます。

まぁ、安けりゃいいってもんでもないし、高性能でも初期投資額が高すぎるのも考え物ですよね。

コスト重視」なのか、「性能重視」なのか?で、設置するメーカーが変わってきますので、なるべく多くの情報を集め、コストと性能といったバランスを考慮し、検討していく事が重要ですね。

ということで今回は、「コスト重視」、「初期投資額の早期回収」という部分が魅力のサニックスについて調べた事を紹介します。

激安で話題のサニックス

サニックスの太陽電池パネル

サニックスと言えばシロアリ退治というイメージが強い方も多いと思いますが、太陽光発電システム販売にも参入し、激安販売で最近話題になっていますね。

サニックスはシロアリ防除からスタートした企業で、最近では環境事業に力を入れ、太陽光発電装置の販売も行っています。

サニックス太陽光発電システムの特徴

サニックスの太陽光発電システムの特徴は以下のようになっています。現在わかる範囲で簡単にまとめてみました。

  • 単結晶シリコン太陽電池
  • LS産電株式会社の製品
  • 太陽光発電普及拡大センターの登録製品。
  • 変換効率14.2%
  • 一枚あたり175W
  • 積雪100cm対応
  • 出荷が注文から3~4週間と比較的早い。
  • サニックスおひさま保証(3年間)
  • パワコンとモニターはサニックス製orオムロン製

サニックスのパワーコンディショナー

サニックスの太陽光発電システム標準価格

  • 2.80kW(16 枚) 1,422,750 円
  • 3.50kW(20 枚) 1,653,750 円
  • 4.20kW(24 枚) 1,884,750 円

サニックスの魅力はその価格ですよね。4.2kwシステムだと1kwあたり44.8万円になります。これも交渉しだいではまだ安くなる可能性もあります。

それからもう1つ。3年間の「おひさま保証」という発電量保証がついています。これは年間の日照時間が一定基準を下回った場合、補償金を支払うというものです。天気に左右される太陽光発電には嬉しい保証ですよね。

ただ設置実績が少ないので、実際にサニックスで設置してみないと何ともいえませんが、これだけ安いとこれからサニックスで設置される方は増えてくるのではないでしょうか。

アフターと保証

太陽光発電を設置後、気になる項目でアフターサービスと保証がありますが、サニックスのアフターと保証について以下にまとめてみました。

  • 10年間システム保証
  • カラーモニターに関しては1年間保証

下記の場合、無償交換

  • 太陽電池モジュールの出力が保証値(公称値の80%)を下回った場合
  • 設置工事が原因で、システムに不具合が生じた場合。
  • 落雷が原因で、システムに不具合が生じた場合。
  • 保証期間内は、定期点検が無料。
  • サニックスおひさま保証(3年間)

サニックスも一般的な太陽光発電システムと同じで10年保証です。太陽光発電システム設置者にとても嬉しいのが、「おひさま保証」と「無料定期点検」ですね。これは、シャープ、京セラ、サンヨーといった大手メーカーにはないアフターと保証です。

太陽光発電システムの性能も大切ですが、こういったアフター体制と保証内容も重要です。

その他、サニックスに関連する情報リンク

上記リンクページはサニックスで設置を検討されている方は一度みておきたいページです。実際にサニックスで設置されているブログでもあればよかったのですが、今のところ見つかりませんでした。

以上、気になる太陽光発電メーカー、サニックスについて調べた内容です。